預ける荷物:ビジネスクラス制限

 ビジネスクラスの受託手荷物の制限は次のようになります。

 最近多くなってきた席だけビジネスクラス仕様で、食事etcの条件はエコノミーと同じという航空会社の席の場合、受託手荷物等に関する対応はエアラインによって異なると思いますので、制限につきまして、ご心配であれば、各航空会社に確認されることをおすすめ致します。

 ※利用する国際線や航空会社によって数値が違う場合があります。あくまでも参考値としてご覧ください。

アメリカ方面

 アメリカ方面(アメリカ・グアム・サイパン・カナダ・メキシコ・ブラジル)発着便のビジネスクラスの場合、受託荷物は一人につき2までで、サイズは縦・横・高さの合計が158センチ以内であり、1個32キロ以内という制限になります。

アメリカ方面以外

 アメリカ方面以外発着便の場合のビジネスクラスはサイズに関係なく、1個の重さが30キロ以内となりますので、考えようによっては、アメリカ方面行きのエコノミークラスよりも荷物の重さが制限されることになります。

 特にヨーロッパ方面に行かれる場合は、ビジネスクラスとはいえ、荷物の重さに気をつけなければならないと言えます。ただ、エアラインによっては、ファーストクラス席を設定していない場合もあります。

 その場合はある程度の重さまでなら許してもらえることになると思いますが、やはりエアラインや、その時の機体等によってもこれらの対応は変わってくるものでありますし、制限にも多少変化が見られますので、どうしても荷物が多くなりそうな場合は、事前に確認されることをおすすめ致します。

▲TOPへ