クレジットカード

 私は基本的には現金派なのですが、あまり多くの現金を持っていくことにも多少の抵抗がありますので、クレジットカードも持っていくことにしています。

 以前、旅行先で出会った女の子が現金だけしか持ってきていなかったことがあり、あといくらしかないから明日出かけると空港まで行けないかも・・・と話していたのを聞いたことがあります。

 彼女は意外と平気そうだったのですが、やはり現金だけだともしものときに使えるお金を引き出すこともできませんから、ちょっと不安に感じる方が多いと思います。

クレジットカードを安心して使うために

 もちろん、アジア諸国や、欧米でもお店によってはクレジットカードを安心して使えないといったところもありますから、クレジットカードを使うお店にも多少の注意は必要だと思います。

 ホテルやレストランでの支払いや、欲しいものが見つかったときなどにクレジットカードは便利だと思います。三井住友VISAカードは、ICチップ搭載で顔写真も掲載することができるため、老若男女問わずに安心して使える人気のカードとなっています。

現金の引き出しもできる

 また、クレジットカードで現金の引き出しもすることができますから、心もとなくなってきてしまったときにおすすめです。ただし、引き出しの機械の場所や、周りの目には注意していただきたいと思います。

海外旅行保険機能

 また、クレジットカードの中には、海外旅行保険機能が付いているタイプのものもありますから、アジア諸国やビーチなど、近隣の国へ短期間で旅行に行かれる場合は、クレジットカードに付いている海外旅行保険でも十分だと思いますので、こういった機能のあるクレジットカードをお持ちになることをおすすめ致します。

参考1:おすすめクレジットカード選び
今選ばれているおすすめクレジットカードをランキングで掲載しています。
参考2:クレジットカード比較DB
350枚以上のクレジットカードを網羅しています。サイト名どおり、まさにデータベースです。

 ただ、クレジットカード会社さんや、銀行やお店によって、かなり保険の内容が異なりますので、いくつか比較してからお選びになると良いと思います。

 クレジットカードに付いている海外旅行保険の場合、「死亡・後遺傷害」以外は、持っている海外旅行保険付きのクレジットカードの保障を合わせてもらうことができますので、1枚でなんとなく不安な気がする保険内容でも2枚あれば安心できるといったものになると思います。

 また、多くの海外旅行保険付きのクレジットカードに付いていない飛行機のトラブル(飛行機の遅延や携行品の破損等)に関する保険は、航空会社さんのクレジットカード(マイレージも貯まるタイプのものです)の海外旅行保険には付帯していることが多くなっています。

 マイルを貯めることも兼ねて、1枚は航空会社さんのクレジットカードにされることをおすすめ致します。

 保険機能の他にも世界各国に旅行案内をしてくれるインフォメーションを開いているクレジットカード会社さんもありますので、お持ちになると困ったときになにかと便利だと思います。あとは、それぞれの旅行会社さんが提供しているクレジットカードも何かと便利だと思います。

 こういったクレジットカードの場合、年会費がかからなかったり、旅行保険とともに、旅行代金や飛行機代をクレジットカード払いにすることでポイントがたまったり、次の旅行代金から割引をしてくれたりしますので、検討してみる価値はあると思います。

 クレジットカードによって年会費もまちまちですし、年会費によって空港内のラウンジを利用できるものもありますので、ご自分にぴったり合うものを探してみて、旅行に役立てていただきたいと思います。

 

▲TOPへ