変圧器と変換プラグ

 デジタルカメラ等の充電に限らず、ラジオやドライヤーをお持ちになる場合でも、変換プラグと変圧器は必要になってくると思います。

 変圧器に関しては、最近の電化製品の多くは、日本の変圧以外でも対応できるように作られているものが非常に多くなってきていますので、それほど必要になることはないかと思いますが、変換プラグに関しましては、電化製品を使用される際に、それが乾電池式でない限り、必要になってくるものになりますので、必ずお持ちになっていただきたいと思います。

いろいろなプラグに対応できるものを

 電気プラグの形は国によってさまざまですから、いろいろなプラグに対応できるものをお求めになることをおすすめ致します。

 いくつかの国でしか使用することのできないプラグや、数種類のプラグの詰め合わせも売られているのですが、こういったものは旅行の度に買いなおしたり、場所をとったりしますので、おすすめとしては、プラグの形をロボットの変形のように変えることで、数種類のプラグに変形させることのできる変換プラグをお持ちになるとよいと思います。

 私がいつも旅行に持って行っている変換プラグはひとつのプラグの使い方で(うまく言えないのですが、変形によって)数種類のプラグを再現することができるものになっています。

 こういったタイプの変換プラグですと、旅行の度にプラグの形を確かめる必要がありませんので、おすすめです。

 それぞれの国のプラグの形につきましては、インターネット上での各国の情報サイトや、ガイドブック等に載っていますので、確認してみていただきたいと思います。

 また、お持ちになる電化製品を確認されて、必要であれば、変圧器もお持ちになっていただきたいと思います。

▲TOPへ