筆記用具セット(ペン、メモ、電卓etc)

 アジア諸国やアメリカ等では、飛行機の機内で、「入国カード」と「出国カード」の記入をしなければいけないことがあります(EUではその必要が無い国が多いです)。

 もちろん、フライトアテンダントの方に筆記用具を頼んだり、飛行機を降りて、入国審査に並ぶ前に設置してある筆記用具で記入したりすることもできますが、どうせなら暇な機内で一仕事終わらせてしまいたいものだと思います。

ペンとメモ

 そのためにも筆記用具をお持ちになることをおすすめ致します。少なくとも、黒のボールペンを一本、機内持ち込みの手荷物の中に入れて行かれて、搭乗後に座席の前のポケットに入れておかれると後で荷物を降ろす必要もなく、便利だと思います。

 私は、ボールペンとシャーペンと、小さめのノートを機内持ち込み手荷物に入れておくことにしています。誰か一緒に旅行に行ってくれる人がいるときはまだいいのですが、一人で長距離フライトの場合、かなり、時間をもてあますことになりますので、暇つぶしを兼ねて、これらの筆記用具を持って行くことにしています。

電卓

 また、アジア諸国に行かれる場合、慣れないうちは通貨の計算がしづらい場合もありますし、ホテルでちょっとした計算をするときにも電卓は意外と重宝しますので、小さめのものをひとつ、スーツケースにいれて持って行かれるとよいと思います。

 アジア諸国ならお互い英語が通じなくても、電卓で値段交渉もできると思います。

 私は、最初から手荷物の中に、機内用の小さなポーチを用意してその中に筆記用具やちょっとしたお化粧品、メガネ、キャンディ等を入れておくことにしています。

 機内に搭乗後はこのポーチを前の座席のポケットに入れるだけで済みますし、おろし忘れを防止することもできますからおすすめです。ただし、携帯やお財布といった貴重品は機内の荷物入れに入れておくことをおすすめ致します。

▲TOPへ