常備薬 

 持病で必要な常備薬は忘れずに持って行っていただきたいと思います。

 基本的に薬に関しては機内持ち込みが可能になっていますが、液体の持ち込みに関しましては、入れ物の大きさによって問題となりうることもあると思いますので、何かお医者様に必要な薬である旨を記していただいたものを一緒にお持ちになられた方がよいと思います。

 ちなみにアメリカ方面では、セキュリティによって、目薬も機内に持ち込めなかった時期がありますので、気をつけてみていただきたいと思います。

 常備薬として、他にも胃腸薬や、痛み止め(頭痛、歯痛等)、風邪薬等をお持ちになられることをおすすめ致します。特に、東南アジア方面に行かれる場合は、胃腸薬は必須だと思います。

バリの小話

 バリに行った際に、大丈夫だろうとたかをくくっていたのですが、案の定辛い思いをすることになってしまいましたので、現地の料理を楽しむためにも、薬をお持ちになられた方がよいと思います。

 たぶん、果物やフルーツジュースがよくなかったのだと思うのですが、歯磨きをするお水にも注意が必要だと思います。

 もちろん、どうしようもなくなれば、旅行先でも薬を買い求めることはできますが、旅先で飲みなれない薬を飲むこともできれば避けたいものですし、薬屋さんを探したり、買いに行ったりする手間を考えれば、常備薬はお持ちになられた方が賢明だと思います。

絆創膏(ばんそうこう)

 それから、絆創膏(ばんそうこう)の類も歩きすぎで靴擦れを起こしてしまった時に役立ちますので、かばんに入れていっていただければ何かと便利だと思います。

▲TOPへ