持込みできるかばんの大きさ

 飛行機の機内に持ち込み手荷物に関しましては、航空会社によって少しずつ規定は異なりますが、基本的には、手荷物1個と、身の回りのもの(ショッピングバッグ、ハンドバッグ等を含みます)1個になります。

 小さな袋のおみやげものの入った袋とかなら、いくつか持っていてもそう咎められることはないと思いますが、大きな荷物は注意が必要です。

JALの例

 例えば、JALは、機内持ち込み用の手荷物の大きさを3辺の合計が115cm以内のもので、サイズはW55cm・H40cm・D25cm以内のもので、かつ身の回りのものとの合計が10キロ以内であること、というように定めています。

 手荷物の3辺の合計が110cm以内であれば、たいていの航空会社の規定にはひっかからずに済むと思います。もちろん家族で1つとかであれば、多少の大きくても目をつぶってもらえると思います。

 身の回りのものにもサイズの規定はあります。それほど神経質にならなくても大丈夫かとは思いますが、さきほどのJALを例に挙げれば、身の回りのもの、例えばショッピングバックの場合、3辺の合計が85cm以内というふうに規定されています。

 機内持ち込み用の手荷物の大きさの目安としては、「機内持ち込みサイズ」と書かれた小さめのキャリーケースがかばんやさんや、トラベル用品店でたくさん売られていますので、どれくらいの大きさなのかご覧になりに行かれてもよいと思います。

 重さに関しましては荷物には個人差がかなりありますので、一概には言えませんが、私はスーツケースの方が重くなってしまいがちですので、重いもの(割れ物や貴重品なんかも多かったりしますので)は手荷物で機内に持ち込むようにしています。

*ちなみにイギリスは「液体物制限」にプラス、機内持ち込み可能な荷物はひとりにつきひとつまでになりますので、気をつけていただきたいと思います。

▲TOPへ