ナイフ・スプーン・フォーク

 長期の旅行に行かれる場合に、たまにはレストランではなく、街のお惣菜やさんや、パン屋さんの味を楽しみたくなるときもあると思いますし、スーパーで果物や、お野菜を買ってきてちょっとしたサラダのようなものを作って食べてみるのも楽しかったりします。

 街のお惣菜やさんや、スーパーで売られているお惣菜には、その国独特のものも売られていますし、その国の人たちがふつうに食べているものを試してみるのもよい思い出になると思います。

 また、どうしても旅行中は外食(炭水化物・たんぱく質・脂質)ばかりで野菜や果物などのビタミンが不足しがちですので、それらを補給するために、お食事とまでいかなくとも、おやつやお夜食として、日本ではめずらしい果物なんかを買ってホテルのお部屋でいただいてみてもよいと思います。

 私は、ヨーグルトや、ヨーロッパでよく見かけるヨーグルトのような入れ物に入ったカッテージチーズのクリーム「トプフェン」が好きなので、よく、旅行先のスーパー等で購入してホテルでお夜食としていただいたりします。

海外では「スプーン付」がまだ当たり前になっていない

 日本のようにスプーン等を付けてくれることは、海外ではあまりありませんので、私にはスプーンも必需品だったりします。

 旅行先で暮らすように、その街のひとたちがふつうにいただいているものを試してみるのも新しい発見があって楽しいものですので、ぜひ、ナイフ・フォーク・スプーンを持っていっていろいろと現地の味を試してみていただきたいと思います。

 フォークとスプーンは、簡易的なものでも十分だと思いますが、ナイフはしっかりしたものをお持ちになると、果物をむくときにもパンやケーキを切ったりするにもよいと思います。しっかりしたものとはいっても、果物ナイフやアーミーナイフではなく、お食事のときに使うナイフで十分だと思います。

 フォークは、旅行先のケーキやさんでケーキを買ってきてお部屋でいただくときにも重宝しますので、お持ちになるとよいと思います。

お皿は持参しなくてもそれほど困らない

 お皿に関しては、何回か持っていってみたこともあるのですが、それほどなくても困らなかったりします。でも、お皿がないとなんだか貧しげな気がして嫌だという方はあまりかさばらない形のものをお持ちになってもよいと思います。

 グラスやカップはたいていのホテルのお部屋に置いてありますので、お持ちになる必要はないと思います。

 スプーンもカップと一緒においてある場合もありますが、グラスはあってもカップはないことも多いので、もし、ヨーグルトやムースなんかを試してみたいなと思われる場合には、念のためスプーンをお持ちになるとよいと思います。

▲TOPへ