スリッパ

 スリッパといっても、お家で日常的に使っているようなしっかりしたものではなくて、例えば、お母さんが小学校の参観日なんかに持って行く類の携帯用のものや、トラベル用のスリッパで十分ですので、お持ちになるとよいと思います。

 ビジネスクラス以上なら機内にまで持ち込まずとも、アメニティとしておいてあることが多いと思いますが、エコノミークラスなら、長時間フライトでずっと靴を履いているのは辛かったりもしますので、機内にもお持ちになってもよいと思います。

長距離フライト時

 私は、機内に関しては、長距離フライト(特に10時間以上のフライトの時)に、トラベルグッズとして売られている空気を入れて膨らませるタイプの足置きを持って行くことにしています。

 もちろん、エアラインによっては、機体に設置されている場合があるのですが、意外と設置されていない機体もありますので、あるかないかを事前に調べた上で、ないようでしたら持って行くようにしています。

 長距離フライトの時は、かなり脚の疲れに違いが出ますので、脚がしびれたり、疲れたりすることでお悩みの方はお持ちになるとよいと思います。

ホテルの部屋用

 私は、ホテルの部屋用にタイのナラヤ(NaRaYa)のトラベル用のスリッパをスーツケースに入れて旅行に持って行くことにしています。それほどかさばりませんし、スーツケースの一番下に入れるのにちょうどよいサイズなのでおすすめです。

 もちろん、ホテルによってはスリッパがお部屋に置いてある場合もありますから、いつも必要であるとは限りません。それでも、なんとなく自分のスリッパだと安心して履けるような気がしますし、周遊旅行の場合は、スリッパがあるホテルとないホテルがあったりしますので、一応入れていくことにしています。

 1日歩いた足を休めるためにも、スリッパをお持ちになると良いと思います。

▲TOPへ